主要なUS航空は変更手数料を撤廃しています

執筆および公開 2020年9月1日 See this post in English

多くの航空会社がCOVID-19パンデミックの影響を強く受けており、旅行需要が劇的に減少しています。まず、ユナイテッド航空が米国国内旅行のすべての変更手数料を撤廃することを発表したのを見ました。ユナイテッドの決定を受けて、デルタやアメリカン航空のような他のいくつかの米国の航空会社も同様の発表を行いました。

Major US Airlines Are Eliminating Change Fees

United Airlines Eliminates Change Fees


ユナイテッド航空はすぐに発効し、米国国内旅行のすべての変更手数料を撤廃すると発表しました。変更手数料ポリシーは、米国、米領バージン諸島、およびプエルトリコ内のすべての標準的なエコノミーおよびプレミアムキャビンチケットに適用されます。また、2021年1月1日より、すべてのユナイテッドの乗客は、チケットの種類やサービスクラスに関係なく、旅行当日を出発するフライトで無料で待機することができます。マイレージプラスプレミアメンバーは、同じ航空券クラスの座席が空いている場合、元の航空券と同じ出発都市と同じ都市の同じ日に別のフライトの座席を確認できます。

公式から プレスリリース
最近では変化は避けられませんが、最も重要なのは、変化への対応方法です。私たちが改善できる点について顧客から聞いたとき、この手数料を取り除くことはしばしば一番の要求です。以前の厳しい時代に続いて、航空会社は、時には顧客サービスを犠牲にして生き残るために難しい決定をしました。ユナイテッド航空は、この危機から抜け出したときと同じようにプレイブックをフォローしません。代わりに、私たちは完全に異なるアプローチを採用しており、お客様により良いサービスを提供するための新しい方法を検討しています。

Major US Airlines Are Eliminating Change Fees

アメリカン航空、変更手数料を廃止


ユナイテッドと同様に、アメリカン航空はプレミアムキャビン運賃とほとんどのメインキャビン運賃のすべての国内線および短距離国際便の変更手数料を撤廃すると発表しました。変更手数料なしのポリシーは、ベーシックエコノミーを除く他のすべての運賃クラスの米国50州、カナダ、メキシコ、プエルトリコ、米領バージン諸島、およびカリブ海のいずれにも適用されます。航空会社はまた、顧客が予定された旅行の前に旅行計画を変更した場合、元のチケットの完全な価値を維持できるようにします。つまり、顧客は残余価値のバウチャーを受け取ります。 AAdvantageエリートメンバーは、ベーシックエコノミーを含むすべてのチケットに旅行特典(アップグレード、優先座席)を適用できます。また、2020年10月1日以降、すべてのお客様は、同じ目的地の同じ便の同じ便で、前のフライトで無料でスタンバイしてフライトすることができます。

Major US Airlines Are Eliminating Change Fees

デルタは変更手数料を排除


米国の別の主要航空会社であるデルタ航空は、ベーシックエコノミー運賃以外のすべての国内変更手数料を即時に廃止すると発表しました。この無料の免除は、米国、米領バージン諸島、およびプエルトリコに適用されます。デルタ航空はまた、国際便やベーシックエコノミー運賃など、新たに購入したフライトの変更手数料の免除を年末まで延長し、2020年4月17日より前に予約されたチケットの旅行クレジットの期限を2022年12月まで延長します。

デルタのCEO、エド・バスティアンは ステートメント
以前は、この業界とは異なる方法で柔軟性に取り組む必要があると述べましたが、本日の発表は、業界をリードする柔軟性、スペース、ケアをお客様に提供するという約束に基づいています。私たちは、お客様が期待する高い水準の柔軟性を維持するためにポリシーを評価し続けることを知って、お客様に安心して予約して旅行してほしいと思っています。

Major US Airlines Are Eliminating Change Fees

DeltaとUnitedがAmericanからの変更手数料ポリシーに従い、残余価値のバウチャーを追加するかどうかを確認するのは興味深いでしょう。