サウジアラビアが新しい観光ビザで49か国に門戸を開く!

執筆および公開 2019年9月27日 See this post in English

サウジアラビアは金曜日に外国人観光客に門戸を開いた。彼らは49カ国のための新しいビザ制度を立ち上げ、2030年までに国内総生産の10%に貢献することを期待しているセクターへの投資を外国企業に呼びかけています。

Saudi Arabia opening doors to 49 countries with the new tourist visa!

イスラム王国は、数十年の間比較的閉鎖されていましたが、近年、厳格な社会規範を緩和しました。彼らは公共の場所で男女を隔離することをやめ、女性にすべてを覆う黒いローブまたはアバヤの着用を要求した。

観光局長のアーメドアルカテティーブ氏はロイター通信に対し、アバヤは女性観光客には必須ではないが、公共のビーチを含む控えめな服装は必須であるとの公式発表の前のインタビューで語った。

"We will have enough tourists to come to Saudi Arabia to enjoy other things. We remain authentic, and we have a great culture where many, many tourists would love to come and explore this culture and learn more about it and see it and experience it." Ahmed Al-Khateeb said


49か国の新しいビザ制度


サウジアラビアは49か国に新しいビザ制度を導入しています。ビザはオンラインで約80ドル(Dh294)で利用できます。これまでのように、同伴者のいない女性に対する制限はありません。イスラム教の聖地マッカとメディナへのアクセスは制限されています。

これまで、サウジアラビアに旅行する外国人は、主に居住労働者とその扶養家族、出張者、およびマッカとマディーナを訪問するための特別ビザを与えられたイスラム教徒の巡礼者に制限されていました。現在、バーレーン、クウェート、オマーン、アラブ首長国連邦の国民のみが自由に国に旅行できます。

Saudi Arabia authorities recently launched the website whereintheworld.co that shows beautiful pictures of destinations along with captions such as “Does this look like Morocco to you? It's not!” to boost interest in their country.

ビザ計画は、モハメッドビンサルマン皇太子の新しい産業の開発に対する野心的な計画の一部です。以前は禁止されていたエンターテインメントを紹介するなど、社会を開放したいと考えています。彼の改革の多くは国際的な賞賛を受けた。王国は映画館のほぼ40年間の禁止を終了し、音楽コンサートを許可しました。これには、西洋のポップスターによるパフォーマンスや、国際的なスポーツイベントの企画が含まれます。

サウジアラビアには厳しい法律があるため、長い道のりがありますが、これは未来への第一歩です。観光ビザの機会を得るための49か国の完全なリストは、アラブ首長国連邦時間午後10時30分に発表されます。