インドネシアについて学んだ13のこと

執筆および公開 2016年4月12日 See this post in English

私はインドネシアで2週間前に戻ってきました。ここで私が今回学んだことです!

The top 13 things I learned about Indonesia

信じられないほど安い!

ジャカルタ市内中心部とバリの観光地以外では、インドネシアの物は信じられないほど安いです。まともなランチは$ 1で1時間の乗車で、Uberはわずか$ 5です。モダンなチェーンホテルは$ 35未満です(つまり、 ホリデイ・インエクスプレススラバヤ)または豪華な滞在 JWマリオットスラバヤ 50ドル。

非常に暑いです!

スラバヤとバリは私のグローバルトップ10に簡単に 世界で最も暑い場所。間違いなく同じリーグで バンコク とヤンゴン。

ジャカルタは少し良いですが、インドネシアの3番目に大きい都市です- バンドン -かなり完璧な春のような気候です。

世界で最も友好的な人々

The top 13 things I learned about Indonesia

間違いありません-インドネシア人は世界で最も友好的な人々です。観光地でも落ち着きます。観光地以外ではとてもフレンドリーです。

観光地以外では英語は珍しい

それは私にとってまだ驚きです-あなたが観光客のホットスポットを離れると、英語は珍しいです。インドネシア語はラテン語のアルファベットを使用しており、かなりの量の英語の単語が含まれているため、これは特に驚くべきことです。

バリ島は観光客に夢中です

それはそのような対照です-インドネシアのほとんどは観光に触れていませんが、バリの南部の町は世界で最も観光的な地域の1つです。

食べ物はまあまあ

前回インドネシアに行ったとき、食べ物にもっと興奮しました。これはタイではありません。私は通常インドネシア料理の味とスパイスが好きですが、肉はしばしば非常に骨が多く部分的に小さい-主に米で構成されています。美味しい食べ物はありますが(スンダ料理が一番好きです)、見つけるのに時間がかかります。とは違う バンコクの屋台 あなたが試すものの90%が信じられないほどになる市場。

交通は激しい

The top 13 things I learned about Indonesia

インドネシア人は運転中毒です。多くの運転があり(スラバヤでは人々は車なしでは通りを渡らないでしょう)、それは魅力的であり、道路インフラは数十年遅れています。

良いニュース-ほとんどの車は新しくてきれいです-古いクラッカーではありません。

混んでいます

インドネシアの都市は混雑しています。 スラバヤ、ジャカルタそして バンドン 日本にいるような気分になります。

バンドンはインドネシアで私のお気に入りの都市です

この リラックスしたクールな山の街 素晴らしいコーヒーは今のところ荒廃している。それは非常に手頃な価格で、風光明媚な景色が付属しており、対処できるように十分に整理されています。

コーヒー文化

The top 13 things I learned about Indonesia

いくつかのインドネシアの都市は本当のコーヒー文化を持っています-それはもはやオーストラリア人がコーヒーショップやカフェを開いているだけではありません。

主要なコーヒー生産国であるインドネシアは、コーヒー消費国として台頭しています。

インドネシアにはまだまだたくさんの観光の可能性があります

インドネシアにはさらに多くのビーチ、火山、熱帯気候、そして素敵な食べ物が残っています。ボルネオ(カリマンタン)、スラウェシ島、パプア島など、観光がほとんどない巨大な島がいくつかあります。

The top 13 things I learned about Indonesia

インフラや都市計画はインドネシアの強みではない

The top 13 things I learned about Indonesia

インドネシアのほとんどの都市はランダムに広がっており、インフラもそうです。都市化と都市計画はまだインドネシアに到達していません。

到着時にビザは不要

インドネシアはかつて、空港ターミナルで支払われる必要があった35ドルの到着ビザで訪問者を拷問していました。結果として生じる長い列は、しばしばインドネシアに入るのを困難にしました。

パスポートを見せれば完了です。